RINIERI社 
                     2020年度 果樹園・葡萄畑向け作業機の、実演の情報です。

★北海道 富良野市 バイオ・ダイナミック

  
現在

・除草機は何台か購入したが、傾斜地の為使えなかったり効果が無かった。
・現在除草は手作業だが、間に合わない時は除草剤を使用。
・火山灰地区の為土が固い。株元を柔らかくして水はけを良くして空気を入れたい。
・基本的には除草剤を止めたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実演

 株元は殆ど起こした事が無く火山灰の為固い圃場。本体重量が270kgと軽いバイオ・ダイナミックではディスクが地面に刺さらなかった。土を柔らかくする方法も提案したが、後日
2~3年目の若い木で使用していると報告があった。

 
★北海道 富良野市 バイオ・ダイナミック







   
  富良野ワインに収穫した葡萄を納めているものの耕作組合ではなく、本業はゲストハウスとカフェ。
 木はまだ2~3年目と若い。 2haを一人で管理しており、除草作業機は必須。

 2019年度より使用して除草剤を使っている圃場と使っていない圃場では生育に違いが出ている。
 今期は除草剤を使っていない。

 通路にはクローバーを植えているが、機械のタイヤがクローバーを削っている事が分かり、オプションのローラーなど対策を検討。
 
★長野県 上田市  ターボ・バイオスター /ターボ・サッカーリムーバ

      
   バイオスターの仕上がりはキレイに処理出来ているものの、オレンジ(ソフト)では柔らかすぎた様子。
 サッカーリムーバでは雑草の他、新芽も処理出来ている。
 

 
 ★岩手県 大迫町 バイオ・ダイナミック

           




  バイオ・ダイナミックは雑草の根を切る作業機ではなく、
 「土を動かす」作業機。
  
  バイオディスクの角度を付けて、動かす土の量を多めに
  調整。



 

 
 ★沖縄県  国頭郡  BRM200E

 



  サトウキビの台風対策。
  台風が来る前に葉を剪定して、サトウキビの倒伏を防いで  いる。

 
 ★鹿児島県 種子島  BRM200E

          



   ここでもサトウキビの台風対策。 
   
   剪定はサトウキビの上部と横。

   今までは近くの鉄工所が作成した機械を使用して
   いたが、安全性が保証されておらず危険だった。

 
 ★北海道 幕別町   BRM150E
  
    
 

  道路脇の木や防風林の枝を切るのが目的。

  ジャガイモハーベスターなど機械の上の従業員に木が    ぶつかる為、今までは毎年ハーベスターの上に人を乗    せ人力で枝を切っていた。

  結果として完璧に枝払いが出来た。剪定高は約6m。
  ハーベスターは約4mなので、高さも問題なく剪定。

  しかし、10cmの枝が混じっていた個所で刃が木に
  引っ掛かり、トラクターを停止しなかった為フレームの
  弱い箇所が曲がってしまった。
  BRMの剪定可能ΦはMAX3cmである。太い枝が多い場   合は、ORSLなどが必要。